キッチンが主役の家

キッチンが主役の家

「キッチンが主役の家」は一見シンプルにみえて随所にこだわりが詰まっています。自分たちの好きなものに囲まれて過ごすのはとても居心地のいいものです。お料理好きな奥様が長時間過ごすキッチンにもこだわりがいっぱいです。キッチンに立つと部屋の隅々まで見渡せるので歩き始めたばかりの元気な男の子にも目が届きます。アイランドキッチンの天板は熱やキズに強いセラミックカウンターで、熱いフライパンを置いても大丈夫という材質です。食器やお鍋の収集が趣味の奥様が使いやすいようにカップボードは高さや配置にこだわり大工さんが造作しました。キッチンの背面の壁やリビングのドアはお施主様自身で塗ったもので絶妙な色合いです。

床にもさまざまな表情があり、リビングはナラの無垢材、一段下がった多目的スペースはヘリンボーン柄の床材、キッチンはモザイクタイルという風に素材、色を使い分け変化を持たせています。

こだわっているけど主張しすぎずシンプルなので、家具や小物などで遊び心を出せるのもいいですね。