新築古民家「いろりのある家」

新築古民家「いろりのある家」

あらわしの軒の下から格子戸をあけると、そこは思いがけず開放的な土間空間。
見上げると、平屋とは思えない高い吹き抜けと天井をかける太い梁。
漆喰の真っ白い壁とのコントラストが美しく、しばらく立ち尽くしてしまいます。
オーダーで作った建具が味わい深い雰囲気を出しています。
オーナーが最後にたどりついたのは、人と木のぬくもりに包まれた懐かしい匂いの家でした。